2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

【ごみ問題とは?】20世紀のごみ問題 

20世紀のごみ問題

ごみ問題と聞いて、まず誰もが考えることは、
「ごみが増えている!」
「処分場が足りない!」
ということだろう。

実際、ごみの量はどうなっているのでしょう?調べてみたいと思います。

ここで問題です。
ごみ問題はどこの省庁が担当しているのでしょうか?
答えは環境省です。

以前は旧厚生省の管轄でした。現在は、2001 年1月の省庁再編により、廃棄物行政は厚生省から環境省へ移管されました。

ということで、ごみ量の推移について考えるときは、以前のデータから調べなければいけませんね。ここで、旧厚生省のデータを見てみましょう。

一般廃棄物の排出量


かなり古いデータだけど、昭和50年から平成8年までの約20年間のごみ量の推移が分かります。
ピンクが国全体のごみ量で、ブルーが一人一日あがりのごみ量です。

昭和50年から60年にかけて、ごみ量は少しずつ増えたり減ったりしながら、横ばい状態でしたが、昭和60年から平成2年にかけて急激に増加しています。いわゆるバブルの時代ですね。そして平成2年からは横ばい状態になっています。これはバブルがはじけて景気が悪くなったため、ごみの増加が止まったのだといわれています。景気によってごみ量が増減していることが分かりますね。

旧厚生省では、これらのことをどう振り返っているのでしょうか。HPの文章を見てみましょう。

 「昭和54年度以降にみられる減少傾向は第二次石油ショックと重なっています。
  また、平成2年度をピークとする増加傾向とそれ以降の横這い傾向は
  バブル経済期とその破綻とに重なってみえます。

  しかし、これからは経済の好不況に関わらず廃棄物量の削減を図っていかなければなりません。
  そのためには、使い捨て製品の使用の自粛や、リターナブル容器を用いた製品を選択するなど、
  生活様式を見直し、可能な限り廃棄物の排出を抑制し、
  その上でリサイクルを進める循環型社会への転換が必要です。」

旧厚生省のデータには、このような記述があります。
やはり景気に左右されないような対策が重要だと考えているようですね。

なぜなら、安定的なごみ処理が続けられないから。

例えばこんなことが起こるかもしれない。

200X年の○月のある日のニュースで、

「東京の道路にはごみ袋が散乱して悪臭に困っています。
 去年はごみ量が少なかったが、今年は株価が急騰して景気が急激によくなったため、
 ごみ量が爆発的に増加、ごみ処理施設からごみがあふれて、
 東京はナポリのようにごみに埋まっています。」

安定的、衛生的に処理してもらえることが一番大切だものね。

平成8年以降のごみ量については、次回に取り上げますよ!

スポンサーサイト

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ごみ量の推移 20世紀のごみ問題 昭和のごみ問題

【編集】 |  12:24 |  ごみ問題とは  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。