2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

電子レンジでタイヤのリサイクル? 

以前、日本でも廃タイヤの不法投棄で、山林にタイヤの山ができたことがあったね。タイヤは医療廃棄物や工業廃液のように危険なイメージは強くないけれど、真夏の太陽に長時間照らされたりすると大量のタイヤが発火することもある。決して安全な廃棄物とは言えないんだね。

そんな廃タイヤをリサイクルする技術がアメリカで開発されたらしいよ。

米国のリサイクル業者が、廃タイヤの再生に家庭用電子レンジに使われるマイクロ波の利用を試みている。実験段階では暖房用燃料、天然ガスや炭素材料などとして再生できているという。

 エンバイロテク・インダストリーズ(アリゾナ州、スティーブ・ロビンソン社長)は、ハンチントン・リニューアブル・エネルギー(カリフォルニア州)と合弁会社エコ・リニューアブル・エネルギーを設立、今秋までにマイクロ波を使った再生処理工場を稼働させる。
 再生処理機はグローバル・リソーシズ社(ニュージャージー州)が開発中のものを採用する予定。価格は1基500万ドル(約5億5000万円)?600万ドル。グローバルのフランク・プリングル最高経営責任者(CEO)は「価格は高いが、子供の遊具や燃料として使うより有意義」と話す。

 技術的には家庭用電子レンジと同じ。1万8000ヘルツ前後の周波数のマイクロ波を使えば、天然ガスに混ぜて使える引火性ガス、暖房用燃料に混ぜられる石油、インクやスポーツ用具に使われる炭素繊維がタイヤから作れるという。
 ペンシルベニア州立大・マイクロ波処理・技術センターで、素材科学を研究するディネシュ・アグラワル教授は「少量ならうまく機能するが、大量処理は別の話。投資するにはまだリスクがある」と指摘する。

 米国には2億7500万本の廃タイヤがあり、新しいタイヤが毎年3億本生産される。廃タイヤの80%は発電用燃料として使用されており、マイクロ波による再生は環境保護、資源の再利用の面から注目されている。(アリゾナ州フェニックス ライアン・ランダッソ)(イザ 2008/2/15)


電子レンジの技術を使う、というのが、とってもアメリカらしい感じがするのは私だけ?
まだ技術として安定しているわけじゃないけど、将来は実用化できるといいな!

廃タイヤの80%を発電燃料にする、というのだから燃やしちゃってるわけだよね?。
もっと有効利用できるなら、ぜひ技術開発にがんばってもらいたいものです!

スポンサーサイト

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 廃タイヤ,対策,ごみ減量

【編集】 |  09:02 |  廃タイヤのリサイクル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。