2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月 


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

印刷インキの環境偽装とは 

古紙だけじゃなく、印刷インキも環境偽装だったのね。。。


印刷インキ工業連合会は8日、環境配慮を示す「エコマーク」や「ソイシール」の認定を受けた印刷用インキの偽装問題で、認定企業の半数にあたる14社で偽装があったことなどを含む調査結果を経済産業省に報告した。報告を受けて、経産省は同連合会に対し、管理体制の徹底や再発防止策の強化を求めた。

 調査は同連合会が会員企業60社に、エコマークとソイシールの認定を受けた製品の出荷量、基準を満たしていなかった製品の有無などについて書面でたずねた。
 それによると、偽装をしていたのは認定製品を販売する28社のうちザ・インクテックや大日本インキ化学工業、東京インキなど。平成19年の月平均出荷量に占める偽装製品の割合は、ソイシール対応のポスター用製品で全体の1・9%にあたる294トン。新聞用で3・0%の161トンだった。

 ソイシールが規定する大豆含有率ではインクの乾燥性が低下するため、品質改良をしたことなどが原因。偽装のあった14社は基準外品の回収やマーク撤去、社内のチェック体制の見直しを行う。(イザ 2008/2/9)



2007年は食品偽装の年だったけど、
このままだと2008年は環境偽装の年になりかねない!


それというのも、京都議定書の約束期間に入り、
一般的にも地球温暖化を通じて
エコ意識が高まっているから、だと思う。

まあ、膿は全部吐き出して、新たなスタートを切りましょう!

正直で厳密な日本の製品だからこそ起こる問題とも言えそうだけどね。
海外のラフな製品づくりを見てると、とてもこんなことまで気をつけちゃいなさそう。。

環境配慮の技術では定評のある日本のメーカーさん!
ぜひ評判を落とさないようにお願いしますよ!

スポンサーサイト

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  17:37 |  古紙のリサイクル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。