2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月 


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「レジ袋ありません」 東京・町田のスーパー 全国初、廃止実験 

文字色レジ袋削減の勢いも増してきました!

とうとうレジ袋を置かない店が登場!

 東京都内や神奈川県内で展開する中堅スーパー「三和」(東京都町田市)が14日、町田市内の1店舗でレジ袋廃止の実験を始める。期間は半年間。経済産業省によると、レジ袋削減のための有料化は各地で広がっているが、廃止の試みは全国で初めて。

 店舗は町田市小山田桜台の「小山田店」。環境問題に取り組む同市の市民団体「町田発・ゼロ・ウェイスト宣言の会」の要請を受け、実験を決めた。買い物客へのアンケートなどを通じて、今後の取り組みを検討する。

 小山田店の利用客は平均1日約1500人。実験に備えて店は、繰り返し使えるマイバッグ1万枚を用意し、13日までに1000円以上の買い物をした客に無料配布。14日以降、マイバッグがない客のため、段ボール箱や紙袋を用意する。(イザ 2008/3/14)



この取り組みには、市民の応援が欠かせない。
店側は、やっぱりレジ袋無料の店にお客を取られることが一番の心配。
エコバッグを持っていないお客が来たときが問題になる。
これに対して、

無料エコバッグの貸し出し
家庭から回収した紙袋


などで対応している。

地元の市民団体は、ちらしを住宅に配布したり
不用な紙袋を集めたりとバックアップしている。

事業者の責任、と突き放しても事は前に進まない。
スポンサーサイト

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : レジ袋廃止

【編集】 |  09:07 |  レジ袋関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

ペットボトルの洗浄再使用 環境省が導入に向け初会合 

環境省は7日、清涼飲料水などのペットボトルを回収、洗浄して繰り返し使用する「リユース」ボトルの導入に向けた有識者による研究会の初会合を開いた。ごみの排出量を減らし、地球温暖化防止にも役立てるのがねらいだが、飲料水メーカーなどからは「回収したボトルを完全に洗浄する技術がない」など、安全性確保とコスト高を理由に反対の声があがった。

 「PETボトルリサイクル推進協議会」によると、18年度の国内のペットボトル販売量は、5年前の約3割増の54万4000トン(500ミリリットル)で、年間1人あたり約160本利用する計算だ。

 使用済みペットボトルの回収率は66・3%。粉砕して新たな製品に作り直す「リサイクル」より、洗浄して繰り返し使う「リユース」の方が二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果が見込まれるが、リユースはほとんど行われていない。有害物質を入れられた場合洗浄するのが難しく、安全性の確保が大きな課題になるためだ。

 この点について、日本コカ・コーラの林英一グループマネジャーは「容器の安全性が一番大事。リスクの高いビジネスなのでわが社は決断しないと思う」と明言した。

 また、推進の立場から、組合員を対象にリユースペットボトルの再販売の実証実験を行ったパルシステム生活協同組合連合会の小沢一郎参与は、「消費者の力を借りながら市民事業にすべき。限定でやればいいという声もあるが、できるところから参加することが必要」と話した。(イザ 2008/3/8)



先日、パルシステムのペットボトルのリユースをご紹介しましたが
とうとう環境省もペットボトルのリユース問題に着手したんですね!

確かに、回収したペットボトルを洗浄して再使用するよりは
新しいものを使った方が安全性は高いかもしれないね。

ガラスびんに比べて、ペットボトルは汚れが付着しやすい。

何度か繰り返し使っていると
ペットボトルの中が白っぽく汚れてくるよね?

リユースにはガラスびんの方が向いてるってこと。

でも軽量でフタもついていて持ち運びしやすいペットボトルを
いまさら使わないことには出来ないよね。

ポイントはやはり安全性の問題。

日本の企業は優秀だから
本気で取り組めばきっと技術は開発できるんでしょうが
まずはペットボトルメーカーがそれを良しとしないんだろうなあ。。

これからリユースへの方向付けがなされれば
きっとペットボトルメーカーも飲料メーカーも
将来的にはリユースの方向に向かわざるを得ない。

実現するのは20年後かもしれないが
こうやって日本の方向が形作られていく。

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  09:00 |  容器包装リサイクル  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

ウミガメだってピンチ! 英国でレジ袋追放の動き強まる 

 【ロンドン=木村正人】英国でレジ袋を追放する動きが目立っている。英スーパー大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)が5ペンス(約10円)のレジ袋有料化を発表。有力大衆紙がレジ袋廃止キャンペーンを始めると、ブラウン英首相も「レジ袋をなくすだけで環境改善につながる」と呼応した。

 ブラウン首相によると、平均的な英国の家庭で1週間に10袋のレジ袋がスーパーなどで無料配布され、年間消費量は130億袋にのぼっている。M&Sでは有料化によりレジ袋の総消費量は7割以上減少すると見込んでいる。レジ袋の売り上げは緑化運動に取り組む慈善団体に寄付されるという。

 英大衆紙デーリー・メールは2月27日から「なくせ!レジ袋」という大キャンペーンを開始。同日付1面で、両手にたくさんのレジ袋を抱える週末の家族連れと、海中を漂うレジ袋をすり抜けて泳ぐウミガメの写真を掲載し、「レジ袋が希少種のウミガメに飲み込まれ、死に至る原因になっている」と訴えた。

 人口1600人の英南西部デボン州モドバリーでは、住民の女性カメラマンがこうしたレジ袋による被害を告発し、昨年5月、町全体でレジ袋全廃を決定。住民が各自バッグを持参した結果、半年間でレジ袋はなくなった。

 英小売業者は今年年末までにレジ袋の環境被害を25%削減することで合意。この削減目標が達成されれば年間最大5万8500トンの二酸化炭素排出を減らせる。(iza 2008/3/1)



イギリスのレジ袋削減のニュースを伝えたの、覚えてる?
http://ecobaka.blog120.fc2.com/blog-entry-62.html


この話題が大きな波紋を広げているんだね!

日本のスーパーでも1枚5円の有料化を進めているけれど
イギリスじゃ一気に10円なんだね!


レジ袋1枚の価格が高ければ高いほど
削減効果は高いから
東京よりもロンドンの方が早くレジ袋を追放できるかも!

福田首相にもブラウン首相のように
積極的な発言があったらいいのにね?!


テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  09:04 |  レジ袋関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。