2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

岐阜・御嵩町、産廃問題の全面決着を住民に報告 

平成8年、岐阜県御嵩町の町長が襲撃される、
という事件があった。

その人は、柳川喜郎町長。

産業廃棄物の施設計画に反対して、何者かに襲撃された。

町民の声を政治に反映させるために、
わが身を危険にさらしながらも戦った
勇気の人だ。

産業廃棄物、というのは、どこか不透明な部分があり、
危険と隣り合わせ、という印象をぬぐえない。

あれから12年、この事件の結末がようやく訪れた。


 事業者の計画撤回で和解が成立した岐阜県御嵩町の産業廃棄物処分場建設問題で、町は19日夜、和解後初めて住民への報告会を開き、渡辺公夫町長が約200人に「問題に終止符を打つことができた」と全面決着したことを伝えた。報告の中で、計画に反対姿勢をとり平成8年に2人組に襲撃され重傷を負った柳川喜郎前町長に触れ「柳川さんが自分の役割を十二分に果たした」と強調した。

 さらに計画跡地の活用に関連し、政府が全国で10カ所選ぶ環境モデル都市を目指していることも説明、温室効果ガス削減のアイデア提供を呼び掛けた。

 この産廃処分場は7年に同県可児市の事業者が建設許可を申請。9年に産廃処分場の建設をめぐる全国初の住民投票で全有権者の約7割が反対し県が申請を保留。先月、県知事、町、事業者の3者が、事業者の申請取り下げで和解した。



今後は、ますます産廃の施設の建設は難しくなるだろう。

しかし、谷あいの自然を踏みにじるような計画は
もうこれからは通用しないだろう。

こんな計画を通して、
いったい誰が喜ぶのか。

それを考えれば、目的が何か明確になる。

産廃に汚染された手島の例を見れば明らかだ。
持ち込まれた産廃や、
汚染された土地の浄化は
税金を投入して行われている。

産廃の場合は特に、
ある一部の利益を優先していないか、
しっかりとした眼で見極めていきたい。
スポンサーサイト

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  22:27 |  産業廃棄物  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

「おからは堆肥」と否認 不法投棄事件初公判 

以前、このブログでも取り上げた「大量おからの不法投棄」問題、
みなさま覚えておいででしょうか?

http://ecobaka.blog120.fc2.com/blog-entry-47.html

この問題の続き、いよいよ裁判が始まりました!


 豆腐製造業者から回収されたおからをめぐる不法投棄事件の初公判が6日、千葉地裁であり、無許可で処分したとして、廃棄物処理法違反の罪に問われた千葉県大網白里町の堆肥(たいひ)製造販売業、大門正章被告(69)は「おからは堆肥で、産業廃棄物とは思っていない」と起訴事実を否認した。

 無許可で運搬したとして、同法違反の罪に問われた横浜市の回収業、宮川和利被告(52)は起訴事実を認めた。

 起訴状によると、大門被告は平成17年1月から10月までの間、自身が経営する大網白里町の会社敷地内に、おからなど計約1万2900立方メートルを約980回にわたり無許可で積み上げ処分した。

 宮川被告は16年2月から17年10月までの間、横浜市内の豆腐製造業者などから出たおから計約1000立方メートルを、大門被告の会社まで無許可で約260回にわたって運んだ。

 検察側の冒頭陳述によると、大門被告は昭和54年ごろから営業を始めたが、敷地内におからを野ざらしにしたことで悪臭が発生、千葉県から数回にわたって産廃に当たると指摘されていた。(イザ 2008/2/6)



いくつか論点があると思いますが

まずは、
?被告はおからを産廃ではなく堆肥と主張しているが、おからは産廃なのかどうか?

?被告はおからを産廃ではなく堆肥と主張しているが、堆肥ならば大量に野ざらしにして悪臭を放ってもよいのか?


産業廃棄物の定義では、資源として売れる場合は産廃ではないが
処理費用が発生するものは産業廃棄物としている。


たしかに以前は、おからは立派な資源として売買されていた。
が、最近ではおからが食べられることは減っている。

町場の小さな豆腐屋は消えて、工業製品のおからがスーパーに並ぶ。
ということは、豆腐工場から大量のおからが毎日発生することになっている。

一部のおからは資源として有効活用されているけれど
引き取り手のないおからは、行き場を無くして産廃に成り果てた、ということか。

だれか、このおからを活用した製品をもっと開発したらいいのに!
本当にもったいないなあー。

テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  10:00 |  産業廃棄物  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

【産業廃棄物?】大量おからの不法投棄 業者ら逮捕 

大量おからの不法投棄

おから


また事件が起こりました。
例の「千葉県」ですよ。
産廃不法投棄じゃ名の知れたところ。
前にも紹介したよね。

http://ecobaka.blog120.fc2.com/blog-entry-32.html


「豆腐製造の際に生じる絞りかすの「おから」を大量に放置したとして、千葉県警環境犯罪課が廃棄物処理法違反(不法投棄、無許可収集など)の疑いで同県内の堆肥(たいひ)業者や横浜市豆腐組合の元代表ら4人を逮捕していたことが15日、分かった。おからは千葉県大網白里町に放置され、不法投棄量は約1万7000立方メートル。高い所で約10メートルの高さがあり、においへの苦情が近隣住民から相次いでいた。」

ってことは、いま大量のおからが見つかったわけじゃないのね?

「15年秋ごろから「においがひどい」などと近隣住民の苦情が千葉県に寄せられ始め、県は同年12月に同社に撤去を指導。同社が従わず、その後も搬入が続いたため、18年10月に東金署に刑事告発していた。」

県が「早くどけなさいよ」と指導してるのに、
不法投棄を続けたって言うんだから
あきれちゃうよねー!



どうも、この業者たちは相場の半額くらいで処理を請け負っていたらしいんだよね。
それじゃあ、不法投棄するわ。

これは処理を委託した側の問題もあるんですよ。
今後は委託した側の責任も追及されることになっていきますよ。

もし、委託した会社がかなり高額な罰金が課せられるとしたら
担当者はクビになるよね。


安い業者に出したばっかりに
クビになるくらいなら
適正価格で確実に処理してくれる業者にお願いしましょうよ!

事業所の廃棄物処理担当者のみなさん!
明日の身の安全は確保できていますか?



↓ランキングに参加してみました。よろしければ応援お願いします!


テーマ : エコ・環境・ごみ・資源・リサイクル・ロハスなど - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 産業廃棄物,おから,不法投棄,千葉県

【編集】 |  20:51 |  産業廃棄物  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。